田中生万石材店

豊田 墓石 石材店 愛知県(豊田市・日進市・東郷町・みよし市)

お墓の見積もりから完成まで

お墓を初めて建てる方へ・・まずこちらからお読み下さい

HOME >  初めてのお墓選び  > お墓を初めて建てる方へ
  • お墓を建てたいけど、何もわからない・何から始めれば良いかわからない

    ここでは初めての方に簡単な情報を提供します。

墓石を購入するとは・・

  • 墓地の確保・・墓地がない方はここからスタートです

    土地を購入するのではなく、永代使用権を取得することです。墓地の管理者に永代使用料を支払います。また、年間の管理費も支払うことになります。

    近くがいい、きれいなところがいい、安いところがいい・・など条件に全て見合うものは少ないかもしれません。ご遺骨がないと購入(取得)できない、お住まいの条件があるなど規約があるところが多いです。一度、当店にご相談ください。お調べしてみます。

  • 墓石の建立・・墓地がある方はここからです

    墓石の費用(材料費・据付費)と、区画の大きさによっては墓石以外に周りの枠(外柵)や、墓誌・塔婆立などの費用を石材店・墓石店に支払います。

  • 開眼(納骨)供養・・最後にお寺様にご依頼します

    墓石が完成したら、お寺に開眼法要や納骨法要を依頼します。
    その時に支払うのが、お布施・お車代です。

墓石探しの手順

  • 1.墓石の知識を身につける・・少しでも知っていると訪問時に違ってきます

    お身内の方が亡くなられ、気持ちも落ち込んでいる中だとは思いますが、今では簡単にインターネットで情報を集めることができます。 墓石とは?付属とは?一体何から始めればいいのか?値段は?など最初は分からないことばかりだと思いますが、インターネットや知り合い、友人などから情報を集めてください。
    少しでも知識があった方が石材店・墓石店との話が進めやすくなるでしょう。
    ご質問などありましたらお気軽に当店にお問い合わせください

  • 2.墓地を探す

    墓地選びからの方は墓地選びのページへ

  • 3.石材店・墓石店を探す・・墓地選びも大事ですがお店選びも大事です

    選ばれる側がアドバイスするのも何だかおかしい気もしますが、少しでもお役に立てればと思い、今までの経験を踏まえお伝えします。
    寺院墓地・民間墓地は指定の石材店がある場合があり、墓地購入=石材店・墓石店も決まることがあります。公営墓地・自治区墓地はご自身で探さないといけません。
    口コミ・紹介、電話帳、新聞・折込広告、インターネットなどで店を探します。
    出来たら2~3社から見積もりをとることで価格の相場、お店の対応や相性などがある程度わかります。
    当店を含めいろいろな情報が発信されています。最後はお客様がここのお店ならというところをご判断して頂くことになります。
    石材店・墓石店主導で決めることは避け、あくまでご自身でじっくり考えてからお決めください。

  • ≪当店のような家族経営または少人数の店≫・・石材店・墓石店

    ■メリット
    打ち合わせから施工、アフターフォロー等まで全てを一貫して行いますので、お客様に安心感をもって頂いています。打ち合わせの内容がほぼ間違いなく施工に生かされます。

    ■デメリット
    施工数や見積もりや図面作成等重なってくると、すべてを請け負っている為、仕事がまわらなくなる恐れがあります。特に下請け業者に出さないとうたっていれば尚更です。

  • 「営業と施工部隊が別」の店(会社は一緒)・・石材店・墓石店

    ■メリット
    営業の方はその職に長けているので知識や情報の量が豊富です。よって参考になることが多くあるでしょう。
    営業と施工が別でも意志の疎通がしっかりしている会社であればいいと思います。そういうところは営業が工事にも立ち会います。墓石店・石材店の理想はこのタイプかなと思います。

    ■デメリット
    施工部隊が直接お客様とのつながりがないことです。営業がいい方でも実際施工はどうなんだろうと心配します。私も消費者として別の業種に依頼する場合はそこをチェックします。大きい会社であればあるほど、営業のノルマがありお客様本位で話をすすめてもらえるか心配です。

  • 「元請と下請の会社が別」の場合・・石材店・墓石店

    ■メリット
    営業と施工部隊が別の店と同様に営業力はあると思います。営業に力を入れられる分、提案力もあるでしょう。

    ■デメリット
    元請と下請の力関係によって左右されると思います。元請が強い場合は下請のモチベーションに影響するでしょうし、逆に下請が強い場合、その立場を超えた事をされることも・・。但し、元請がしっかりとした考えを持っており、下請に対しても同じ会社のつもりで対応しているようなところは下請でもしっかりとした施工をやってくれると思います。問題があった時の責任の所在はどうなのでしょうか。

  • 石材店・墓石店でない場合・・葬儀店、仏壇店、農生協、インターネット直売店、その他

    ■メリット
    葬儀店や仏壇店の場合はそこで頼むと石材店選びという作業が減ります。また葬儀・仏壇とのセット価格があるようです。本当にお値打ちかどうかは?です。

    ■デメリット
    直接墓石の事業部があり施工部隊まで持っているところもあるようですが、ほとんどは石材店が下請けとなっている場合や、石材店が委託を受けている場合が多いと思います。としますと、上記の石材店・墓石店の場合の別会社のデメリットと同様です。お墓に対する思いが強いのはやはり石材店・墓石店のが強いと思います・・すべてのお店がそうとは言えませんが。餅は餅屋の方が・・と。

どの業態が良い、悪いということはありません。よい部分悪い部分はどの業態も持ち合わせています。
やはり、業態や規模の大小に関わらず最終的にはお客様第一で、それを営業から施工部隊まで実践できているかでしょう。
ホームページや口で言うのは簡単です。施工現場を見てみる。そこで他の石材店が施工をしていれば、それも見てみる。とにかく足を運び、現場をみることでその会社の良いところ・悪いところを探してみる。最終的に営業さんの仕事に対する気持ち、価格面での折り合い、施工内容、アフター内容、現場作業をトータルに考え判断するしかないでしょう。少し無責任な言い方ですみません。
悔しいですが敵わないなという石材店が2店ほどあります。そのお店の模倣をするのでなく当店にしかない良さを伸ばすことで追いつけたらと思っています。

石は建てた後のお付き合いの方が長いです。このお店なら安心だというところを見つけてください。
当店もお客様に選んでいただけるよう努力してまいります。
  • お電話でのお問い合わせ0568-31-1408
  • メールでのお問い合わせ
現場での作業中、臨時休業の場合出られないこともありますが留守番電話に連絡先をお入れ頂ければ幸いです。

お問い合わせから完成までの流れ

ヒアリング(お打合せ)

墓石の形、色、外柵の形などを当店のカタログ・サンプル石を参考に打ち合わせを行います。
また、場合によっては近くの墓地へ行き実際の墓石を見ながら参考にしてもらいます。

現地調査・実測

正式なお見積もりを出す為に欠かせないものです。これをすることにより、追加費用などの発生を防ぐことができます。

お見積・墓石図面作成

数通りのお見積もり・図面を作成します。費用など納得のお見積もりがなかった場合、再度お見積もりいたします。
  • ご契約 

    ご縁が結ばれたことに感謝いたします。

  • 不成立

    相見積もりにより他店へ
    お客様がお決めになられたことです。 ご縁がなかったと思いそれ以上の営業はいたしません。

  • 墓石の製造・加工・施工

    製造・加工の間に字彫り内容の確認をしていただきます。
    ※当店では鍋田石のみの製造加工です。その他は商社等を通した国内加工、中国加工の墓石となります。

完成

  • 完成

    完成時に白い布を巻きます

お引渡し

  • 引渡し

    ビニールカバーを被せます。

    最終チェックを兼ねて開眼供養の日又は前日にビニールカバーを取り開眼式の準備をします。

納骨

  • 納骨

    a.当店担当者が立ち会わない場合
    『納骨の仕方』をお渡しいたします。

    b.当店担当者が納骨のお手伝いをいたします。

    c.当店担当者が開眼供養(納骨供養)のお手伝いをします。

    ※現在は、cのパターンが最も多いです。

アフターメンテナンス / 保証

  • 自然災害による倒壊を除き10年の保証をいたします。
    また、別件で墓地へ伺った場合、チェックと同時に草取りや糞取りなどを時間の許す限りさせていただきます。
    その他の件は、お引渡しの時に提出します「お墓ファイル」に載せています。

    墓石を売ったらそれでおしまいではありません。何度も言うようですが、この後何かあったときはご相談にのらせて頂きます。これからのお付き合いの方が長いのです。
    例えば草が生えてきてしまったけど、どうしたらいいの? 汚れが目立ってきたけど何かいい方法はないの? など、気になったことがありましたら何でもご相談ください。
    できるだけお客様と今後も交流したいというのが当店のスタンスです。

  • お電話でのお問い合わせ0568-31-1408
  • メールでのお問い合わせ
現場での作業中、臨時休業の場合出られないこともありますが留守番電話に連絡先をお入れ頂ければ幸いです。
PAGE TOP